電脳世界の空の下

今頃シュタインズゲートに到達した・・・感動した!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
正午の日差しの中、平原をハイドしたまま疾走している。
聞こえるのは、俺の足音のみ。
前触れもなく、急に立ち止まる。
立ち止まったのに、足音が一歩分余計に響く。
(ちっ、まだ追ってきてやがる・・・)
俺は後方をにらみつけたが、奴の気配を感じ取ることはできず、静寂が辺りを支配している。
(こんなことになるとはな・・・)

20060531194430.jpg

俺の名はパニ、ネツァワル特殊工作部隊所属の短剣スカウトだ。
(パニとは本名ではなく、コードネームだ。ネツァワル特殊工作部隊に配属されたものは、名前を含む一切の素性を隠蔽され、以後はコードネームで管理される。)


今日は部隊配属後、初めて命じられた単独任務の実行日だった。
その任務とは、現在戦争状態にあるエルソードの領土深く潜入し、その兵力の配置、規模を探る偵察活動である。
俺は夜明け前にエルソードに潜入し、偵察を行ったその帰路、なかば偶然からハイド状態なのに敵小隊に発見されてしまったのだ。
なかば偶然というのは、俺がハイドして移動していた近くを兎が走り抜け、それを見た巡回中の敵小隊の1人が弓でレインを撃ち、俺はその流れ矢を喰らってハイドが解けてしまったというわけだ。
まったく間抜けな話さ。
それからが大変だった。
一小隊が血眼になって俺を追いかけてくる。
俺は必死に奴らから逃げ回り、ようやく逃げおおせたが、その時は再びエルソードの領土深くに逆戻りしてしまっていた。
再び、国境を目指そうとしたものの、すぐ俺は怖ろしいことに気づいた。
何者かが、俺を追跡している・・・
おそらく敵国ハイドスカウトだが、つかず離れずついてくる。
俺がその所在をはっきり掴めない事から、奴がマスタークラスのハイドスカなのは間違いないだろう。
短剣スカウトのスキルには、三つの系統があり、その最上級スキルは、アームブレイク、ヴォイドダークネス、パニッシングストライクである。その最上級スキルすべてを修得したものはマスターと呼ばれるのだ。
残念ながら俺はまだ一系統のパニッシングストライクを修得しただけで、スカウトとしてはマスターに比べれば赤子のようなものだ。
戦闘力もハイドの技法もマスターには遠く及ばない。

そして話は冒頭に戻るのだが、夜明け頃から追跡され続け、俺の精神と体力は絶え間ない緊張から限界に達しようとしていた。

(奴は俺が疲れて隙を見せるのを待って襲いかかるつもりなのだろう・・・国境まではまだ遠い・・・この逃走をこれ以上続けても国境に辿り着く前に俺は疲れきり、奴に倒されてしまう・・・闘いを挑むにしても駆け出しの俺がマスタークラスに勝てる可能性は0に近い・・・どうする?・・・)

死が間近に迫る絶望的な状況の中、最終的に俺は奴に一か八かの闘いを挑むことを決心したのだった。



中編につづく
スポンサーサイト

前のブログ掲載のFEZ小説を一部手直しして再掲載しました。
これを最初に書いたのは、去年の5/31なのです。
あっという間に1年たってしまったなあ・・・

2007.05.27 01:19 URL | カルノ #- [ 編集 ]

足跡から来ました´ω`)ノ こんぬづわ
マークン企画が読んでてとってもおもしろかったですw
自分も今度似たような事やってみようかな・・・

もしよろしければ相互リンクとかさせてもらえたらなーと思ってコメントしましたぁ(*´ェ`*)
それでは、またお邪魔しますねw

2007.05.27 10:07 URL | 幻翔 #ulQeY/9U [ 編集 ]

>幻翔さん
こんにちわ~^^
今回はカキコをありがとうございます
マーくん企画は継続させるつもりですのでまた読んでくださいね
相互リンクですが、こんなブログでよければぜひお願いいたします

2007.05.27 11:02 URL | カルノ #- [ 編集 ]

はい!マークン企画をパク…ゲフンゲフン
むしろそのまま文章もコピペというボクがきましたよ(*ノωノ)

久々に見ましたね!コードネーム:パニ
この「ネツァワル特殊工作部隊」が私の中で師団という考えを生み出して、師団猟犬にまで発展したのです('-'*)
そう考えるとボクの物語の生みの親はかるのさんなんですねぇw

2007.05.27 13:12 URL | Jeanus #- [ 編集 ]

>Jeanusさん
早速、マーくん、再開しましたよw
かおりんも復活!?

ネツァワル特殊工作部隊が師団猟犬の前身というのが、私の小説世界の設定になりつつあります。
昔の猟犬は、スカウトが一番多かったですし、あまり違和感がない設定かも。
それとJeanusさんの物語の生みの親なんて、大げさすぎますヨ^^
私もJeanusさんの師団猟犬のアイデアは、素晴らしいので拝借してますw

2007.05.27 14:02 URL | カルノ #- [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2008.02.04 15:53  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yuusyano.blog99.fc2.com/tb.php/22-37d73994

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。