電脳世界の空の下

今頃シュタインズゲートに到達した・・・感動した!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
そこは地上ではないどこか。
白い大理石の列柱が聳える広間の中心に巨大な円卓を囲んで五人の人影が佇む。
見ると、円卓には白い雲が流れ、青い海、海に浮かぶ六つの大陸が存在している。
更に目を凝らせば、無数の微小な生物がその生を営んでいることさえも、見て取れた。
円卓を囲む五人は人間ではなく、またその容姿は、ぼんやり霞みはっきりとしない。
よって彼らの僅かな印象を元に、これから彼らを仮の呼び名で呼ぶこととする。

獣面の戦士が口火を切った。
「このところ、中央大陸の戦局は安定化の傾向がある。戦死者も少数にとどまってるようだ」
「そのようだ。このところ新しい召還法などが発生しなかったせいもある」
女騎士が答え、老魔法使いを見やる。
「・・・ふむ。ワシのせいにはしてくれるな。そう新しい召還法などを開発させるわけにはいかんしの」
老魔法使いは、顎ひげをしごきながら困ったように答える。
若い盗賊が言い放つ。
「今のままでは計画が遅延する恐れがある。早急に何か手を打つ必要があるだろう」
「・・・心配することはない。もう手配済みだ。次の転換期は、まもなくネツァワルとエルソードの国境で予定通り開始されるじゃろう」
老魔法使いが答えた。
女騎士が身を乗り出す。
「ほう、いよいよか・・・。あれが存在するのは、かつてのトルクマイヤ帝国建国時以来だな」
「・・・いや、今回はあくまで一個人の先駆けに過ぎぬ。世界規模の目覚めはまだまだ先のことじゃ」
「だがそれでも、これは不断の闘争を続けた成果だ。現在の人間の潜在能力、多様性はトルクマイヤ帝国時代とは比較にならぬほど進化している。あれに目覚める人の数はかつてとは比べ物にならぬであろう」
獣面の戦士が言う。
「多くの命と長い時間をかけた甲斐があったな」
若い盗賊は自嘲気味に笑っているようだ。

今まで黙っていたが口を開いた。
「今も多くの人が戦い、多くの命が喪われています。彼らは、自分達の戦いの真の意味を知ることはあるのでしょうか」
「・・・おそらくあるまい」と獣面の戦士
「我等が仮の姿を借りているこの者ども・・・各大陸で最も魂の力の強き者どもでさえ、この戦いの真の意味は無意識の裡におぼろげに知覚するのみ・・・」
女騎士が呟く。
「なぜなら、それは地上の理の外にあるがゆえ・・・」獣面の戦士も呟く。
「哀れなことです」が溜息をつく。
「哀れではあるが、やむを得ぬこと」と若い盗賊
「・・・我等にとって大切なのは、どの陣営も全き勝利も全き敗北も得ることのない不断の闘争を更に活性化させることじゃ。それこそがやがて来るべき闘いに勝利するための礎となるじゃろう」
そう言って老魔法使いは宙を仰いだ。

そこで会話は途切れ、円卓を沈黙が支配した・・・・・・。


スポンサーサイト
2008.03.10 18:15 | FEZ小説 | トラックバック(-) | コメント(3) |

おおう!久方ぶりの短編?ですね
意味深いやり取り
全ては予定調和の内?
こういう短い文章の中で
きっちり一つの落とし所を作れるのは羨ましいです

2008.03.10 23:15 URL | シメジ #IjUZIPhA [ 編集 ]

>シメジさん
今回も読んでいただき、ありがとうございます(*゚▽゚)ノ
長い間、物語を書いていないと、無性に書きたくなる瞬間が不意にやってきます。
我ながら不思議な心理です。
今回は中編の序章のつもりで書きました。また書きたくなる瞬間がやってきたら続きを書いてみたいです。

2008.03.11 23:49 URL | かるの #QJm/eL3k [ 編集 ]

ああ、ブログ再開したのでよろしくです。

2008.03.17 13:22 URL | まる #YpJfYqTk [ 編集 ]













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。