電脳世界の空の下

今頃シュタインズゲートに到達した・・・感動した!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
実は家人は、2鯖でガウルをプレイしている。
だが、もうやる気があまりなくクリアしてしまいたいらしい。

昨日の深夜のことだ。
寝ようとしている家人が自身の村の最後のチェックをしていると・・・

攻撃されている!

攻撃はチュートン兵の1波のみで40分後に着弾らしい。
2鯖はチュートン過多で狩場が少ないのか、ガウルでありながら度々の襲撃に遭っているのだ。
今までは、自軍の兵はなく素通りしていく敵を見ているだけだった。
だが、今夜は違う!
クリアしちゃってもいいやという思いが、当日の昼間に家人を軍備に走らせたのである。
そして今、敵軍勢力を迎え撃つのは、わな10個、ファランクス6体、ファランクス英雄1体という自軍戦力である。
だが、まだ敵軍の到着には時間があったので、わな3個、ファランクス1体を急遽用意した。
そして敵軍の到着をかたずを飲んで見守っていた・・・・・・






一瞬で戦いが終わった。
レポートをチェックする。
敵は、クラブスインガー15体であった。
内、13体を捕獲、2体を撃破!
自軍の被害は、英雄のHPが95%に低下したのみであった。
数で劣勢でありながら、ここまでは自軍の完全勝利である。

だが戦いは始まったばかりである。油断はできない。
なぜなら今の時期なら50体以上の戦力をチュートンが所持していてもおかしくないからだ。
しばらくモニターの前で敵の動向をうかがう。

10分後、果たして再び敵軍のこちらへの進軍が開始された!

この第2波がおそらく敵軍の本隊であろう。第1波以上の戦力が投入されている可能性が高い。
もしかしたら、英雄も参戦している可能性があるかもしれない。
おそらく、自軍は退避しなければ全滅する公算が高い・・・・・・
退避するか、迎撃するか、思案する。




やはり迎撃である。
地域の安寧を乱すチュートンの勢力を少しでも削るために、我が軍は存在しているのだ。
だが、迎撃に当たって敵捕虜はどうするか・・・結局留置してしまった。
(後で考えると、今回の場合は捕虜を解放して、わなを第2波の迎撃に使えばよかった><)
準備できることは少ない。わなを1つセットしただけで資源が尽きた。
そして敵の第2波を待つ・・・・・・






再び戦闘は一瞬で終わる。
レポートチェックだ。
残念ながら、やはり自軍8体は全滅である。
敵はクラブスインガー26体の戦力であったが、内11体を撃破!


結果として、被害は自軍8体、敵軍13体であった。
自軍の5倍以上の数の敵軍相手に、これは大戦果と言えよう。


このレポートを見ながら家人は、(もう少し、トラビアンを続けてもいいかな)などと思うのであった。

(*'ー'*)
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yuusyano.blog99.fc2.com/tb.php/89-aa8bbf2c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。