電脳世界の空の下

今頃シュタインズゲートに到達した・・・感動した!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
驚愕の表情を浮かべる仲間たち。
「お、お前、一体何を言ってるんだ!」
フガクが血相を変えて叫ぶ。
「戦いもしないで、投降するだと?」
「ああ、勝ち目のない戦いをしてもしょうがないからな」
俺は目をそらし、答える。
次の瞬間、俺は左頬に熱い衝撃を感じ、地面に尻餅をついた。
衝撃の正体はフガクの拳だった。

「この卑怯者がぁ!お前はネツの面汚しだ!」
なおも殴りかかろうとするフガクをイヌコロが止め、努めて冷静に言った。
「パニ、今言ったことはあなたの本心ですか?あなたが言ったことは、私達仲間とネツァワルに対する背信です。そしてあなたは不名誉な脱走兵になるんですよ!」
俺は、ゆっくり立ち上がりながら答えた。
「・・・ああ、本心だ。俺は本当は仲間だとか国なんてものより、自分の命が1番大事なんだよ!」
それを聞いたイヌコロは、絶句し悲愴な表情を浮かべ、顔を背けた。
「・・・ならば・・・私がこれ以上言うことは何もありません・・・」

俺は立ち上がり、クニエを見た。
クニエは、眉を顰め、俺をいぶかしむように見ている。
俺はクニエに言った。
「世話になったな。俺は行かせてもらう」
クニエがやっと口を開く。
「パニ?」
「ああ、大事なことを言い忘れるところだった。クニエ、平和な時代が来たら黄金の宮殿亭で飲みあかす約束をしてたな。もう一緒に戦うことはないだろうが、この約束は生きてるからな」
クニエが両目を大きく見開く。

「ちょっと!みんな何言ってるんですか!」
今まで呆然と見ていたイサネが飛び出した。
「パニさん!一体どうしちゃったんですか!パニさんらしくないですよ!味方を助けるのに命をかけるのがネツ魂だって教えてくれたのはパニさんだったじゃないですか!」
訴えるイサネの目には涙が浮かんでいる。
俺はイサネの問いには答えず、軽く彼女の肩を叩いた。
そして背を向けると右手をあげ、無言の挨拶を仲間に送り、その場から歩きだした。

だが土煙を上げ、目を血走らせた残りの敵兵たちが俺目がけて殺到してくる。
後、数秒で奴らの刃は俺の体にくいこむことだろう。
だが、不思議だ・・・
俺の心に死の恐怖はなく、ただ清清しい満足感だけがあった・・・



--------------------------------------------------------------------------------



俺はネツァワル特殊工作部隊所属の短剣スカウト、パニ。
敵のゲートオブハデスを破壊するために選抜された5人のスカウト隊の副隊長として、俺はこの場にいた。
俺たちは敵の包囲を潜り抜け、見事ゲート破壊に成功した。
だが最初からわかっていたことだが、敵陣中枢まで侵入するこの任務は生還率はゼロに等しい。
俺たちは敵大軍の追撃を受け、今まさに峡谷に追い詰められ、身を隠していた。
スカウト5人の戦闘力など、たかがしれている。
このまま敵大部隊と再び遭遇すれば、全滅は必至であった。

俺は傍らのクニエ隊長と目を見合わせた。
彼女の目は、苦悩の色に満ちていた。
彼女とは戦友として長い間共に戦ってきた間柄だ。
目を見れば彼女の考えていることなど手にとるようにわかる。
そして、その考えを実行するためには隊長としての冷徹な決断が必要となることも。

俺は目をそらし、待機している仲間の3人を見やる。
陽気な男フガク、お洒落な女性イヌコロ、まだ幼さの残る娘イサネ。
共に幾つもの死線を潜り抜け、気心の知れた仲間だが、まだ彼らは若く、クニエの思案している事柄を察することはできまい。

クニエが決心したように、口を開こうとした。
俺は、それを遮るように話しだした。

「このまま、全員で行動していても敵部隊と遭遇すれば俺たちは全滅する。」
「だが、俺は死ぬのはごめんだ!」
俺は、大きく息を吸い、言葉を吐き出した。
「・・・俺は、投降する!」

FEZは今年に入って1回しか、戦争に行ってなかったりする…

ログインも数えるほど

かといって他に遊んでいるネトゲがあるわけでもなし…

HOUND DOGのみんなと一緒に闘っていた頃は楽しかったなあ

ゲームなのにモニターの前で本気で喜怒哀楽全開だったw


…FEZが思い出のゲームになりつつあることに我ながら驚きを感じたりする今日この頃
惑星のさみだれ 1 (ヤングキングコミックス)惑星のさみだれ 1 (ヤングキングコミックス)
(2006/01/27)
水上 悟志

商品詳細を見る



今はこのコミックを読んでいたりする・・・


ああ、自分は永遠の中二病なのかも・・・


マンガでもリアルでも、屈折して心にキズを持ってる人が好きなことを再確認させられた作品
arc_20100116_145514_convert_20100116224459.png














先日のアップデートで砂漠地帯のマップが追加されたのである。
そこで馬に乗って探検に出かける♀ウォリアーなのであった。

時にモンスターに追いかけられることもあるのだが、馬に乗っていれば追いつかれず大丈夫w

しかしBGMも新規で追加されているけど、ここはアラビア風というか中東風の弦楽器の音色が物悲しいマップですな。

ここはラクダにでも騎乗できれば、雰囲気でると思うなあ。













arc_20100116_150801_convert_20100116224541.png














なーんていい気分もつかの間、気づいたら巨大なスケルトンに追いかけられていた!

なんだか、すごい怖えーっwww


お前、どっから出てきたんだーっ!!








追いつかれることはあるまいとたかをくくっていたのだけれども
このSSを撮ったためにラグが生じたのか、追いつかれた><

あえなく馬もろとも殴り殺されてしまった・・・残念しごく・・・

どうも古人類ヴンマというmobらしい。


そのうち、きっとリベンジをしてやるからなー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。